ステップ6:WordPressをカッコよくしてみよう。

WordPressのテーマを変え、見た目を変える。

さあ、前回までの作業であっという間に

  • 自分専用のサーバー
  • 自分専用のドメイン(独自ドメイン)
  • 自分専用のブログ(WordPress)

を手に入れることができました。その敷居の低さはすでに体感されていることと思います。もし、万が一まだ上記3つを手に入れていないのであれば、このカテゴリの記事を最初から参照して、それぞれを手に入れてください。

(リンク→サイト立ち上げABC 週末に立ち上げる「最初のアフィリエイトサイト」

しかし、開いてみてあれ?と思いましたよね?

だってワクワクして独自ドメインをアドレスバーに打ち込んでみたら、評されたのはコレですもの・・・

wp-001

大丈夫、これは「WordPress」の素の姿、つまりすっぴんなんです。そして「WordPressちゃん(おい!)」は、「テーマ」という洋服を着せ替えることで、いろいろな姿に華麗に変身するんです!

それでは早速、イケてるテーマ「Twenty Fourteen」に着せ替えちゃいましょう!

 

テーマ「Twenty Fourteen」を適用する。

Twenty Fourteen。

Webデザイナーであり、またWordPressのテーマクリエーターで有名な入江隆さん。そしてWordPressチームメンバーが参画し開発されたテーマだそうです。

その特徴は

  • 兎に角カッコよくスタイリッシュなデザイン。
  • スライドショーなどを組み込めるトップページ。
  • スマートホンにも対応済。

等があげられます。「Twenty Fourteen」の魅力はこちらのサイトに詳しく紹介されていますので、ぜひご一読ください。

(リンク→ワイド&3カラムでウェブマガジンに最適!2014年版 WPデフォルトテーマ「Twenty Fourteen」

 

ダッシュボード(管理画面)へログインする。

まず最初に管理者として「ダッシュボード(管理画面)」へログインします。

WordPressをロリポップの「簡単インストール」導入した際に表示された、「管理者ページURL」をクリックします。ダッシュボード(管理画面)ログイン画面が表示されますので、

  • ユーザー名
  • パスワード

を入力し、「ログイン」をクリックします。

wp-002

ダッシュボード(管理画面)が表示されます。これからこの画面を飽きるほど眺めることになりますので(笑)、慣れておきましょう。

wp-003

 

テーマ画面を開き、「Twenty Fourteen」を適用する。

ダッシュボードの左カラムから「外観」をクリックします。右側にサブメニューが展開されますから、その中から「テーマ」をクリックします。

wp-004

 

テーマ管理画面が表示されます。使用できるテーマがタイル状に並んでいます。

画面上部の「インストール済のテーマを検索」の欄を使用して、表示されていないテーマを検索することができます。また、圧縮ファイル状態のテーマを入手して自分にPCからアップロード・適用することもできます(賢威はこのスタイルです)。先に書いた通り、今回は「Twenty Fourteen」を使用します。

wp-005

表示されている「Twenty Fourteen」をクリックすると・・・ テーマが選択され、「テーマの詳細」というボタンが浮かび上がります。それはほっておいて(笑)、「有効化」ボタンをクリックします。

wp-006

はい、有効化が完了しました。

画面に表示された「サイトを表示する」をクリックして、新しいテーマを見てみましょう。

wp-007

 

「Twenty Fourteen」が適用されました!

wp-008

・・・が、まだコンテンツがないのでよくわかりませんね。早速1つ、記事を追加しましょう。

 

記事を追加する。

画面上部の「新規」をクリックします。プルダウンが表示されますので、「投稿」をクリックします。

wp-009

 

「新規投稿を追加」画面が表示されます。この画面も、今後長く付き合う画面となります(笑)。

詳しい記入方法は別途記事を用意いたしますが、まずは

  • タイトル
  • 本文
  • アイキャッチ画像

を入れてください。今回は中学受験のサイトを作っていますので(サンプルではなくマジで作ってますよ)、中学受験に詳しい外注さんに連絡を取り、取り急ぎ15記事程度を書いて頂きました。

・・・サラリーマンが副業・兼業でアフィリエイトをやる場合、遅かれ早かれ外注さんとのお付き合いは必要になります。あなたがサラリーマンであれば、その知識を駆使すれば恐らく想像以上に容易に「記事の外注」は可能です。こちらも、後日詳しくご説明いたします。

wp-010

 

このように記事を入れます。

この外注さんは受験業界のプロ、出版経験もある方です。流石、なかなかパンチのある文章ですね。なお、アイキャッチ画像は画面を下にスクロールしていくと右側に選択欄が表示されます。この辺りも後日、詳しく。

記事の入力が終わったら、画面右の「更新」ボタンをクリックします。

・・・ちなみに下書き状態で保存したり、以前のバージョンに戻したり、WordPressのエディターはまずまず標準的な機能を有していますよ。

wp-011

 

はい、「更新」が完了しました。

画面上部に表示された「投稿を表示する」をクリックしてください。すると・・・。

wp-012

 

アイキャッチ画像とともに、今入力したタイトルと本文が表示されています。

自分だけの「アフィリエイトブログサイト」、イメージはわいてきましたか?忙しいサラリーマンでも、平日夜や週末作業で作れちゃいますよ!

wp-013

 

カラムを増やして画面の情報量を増やす。

現在は

  • 左サイドバー
  • 中央

の2カラム構成になっています。

個人的に「Twenty Fourteen」はフルセットの4カラムを使用したほうがカッコいい、と思います。ここでは右サイドバーを追加する作業をご紹介しましょう。

画面上部の「サイトタイトル(これがダッシュボード(管理画面)への切り替えスイッチです)」にカーソルを合わせます。下に表示されるサブメニューから、「ウィジェット」をクリックします。

wp-014

 

ウィジェットの管理画面が表示されます。

ウィジェット(widgets)。

WordPressのサイドバーにさまざまな情報を表示するための機能。ウィジェットは、ダッシュボードから簡単に追加・削除ができる。標準で提供されているウィジェット、プラグインなど後から追加するウィジェット、自作したウィジェットなどが存在する。

サイドバー(sidevar)。

WordPressの画面左右に用意された、ウィジェットを配置するためのスペース。主にサイト管理者のプロフィール、目次、カテゴリ一覧、最新記事などの情報を配置するために使用する。サイドバーの数と位置は、テーマによって異なる。フッターやヘッダーに対してうジェットを配置し、サイドバー的に使用できるテーマもある。

今回使用しているテーマ、「Twenty Fourteen」は

  • メインサイドバー(左)
  • コンテンツサイドバー(右)
  • フッターウィジェットエリア(下)

の3か所を使用できます。これらに何をどう配置するかでそのサイトのユーザービリティ、そしてストレートに言えばアフィリエイトの収益もがらっと変わってしまう恐ろしいものなのです。が、ここであ一部のコンテンツを「メインサイドバー」から「コンテンツサイドバー」へ移動して、現在「2カラム」のサイトを「3カラム」にしてみましょう。

メインサイドバーに表示されている

  • 最近の投稿
  • 最近のコメント

を、ドラッグ&ドロップして「コンテンツサイドバー」に移動します。

作業はこれだけです。「更新ボタン」などはありません。

wp-016

 

画面上部の「サイトタイトル」クリックすると、管理画面からサイトへ切り替わります・・・

wp-017

 

ほら、右側にサイドバーが追加され、

  • 「最近のコメント」ウィジェット
  • 「最近の投稿」ウィジェット

が表示されました!

wp-018

 

ここで「インストール直後のWordPress」の画面を今一度引っ張り出し、比べてみましょう。

うーん、ずいぶん変わるものですね。ずいぶんカッコよくなりました。

wp-001

でも、実は「プラグイン」という追加プログラムを入れるともっともっとカッコよくなるんですよ。

それはまた、別の機会に。

更にコンテンツ(外注さんに依頼)を追加すればこの通り。いかがでしょう。それっぽくなりました♪

wpsample

 

まとめ。

このように、「テーマ」を入れて「ウィジェット」を操作することでWordPressの画面は簡単に、しかも大胆に変えることができます。

テーマは今回使用した「Twenty Fourteen」のように無償のもの、このサイト(兼業・副業サラリーマンを応援!ゼロから始める兼業・副業アフィリエイト)で使用している「賢威」のように有償のものがあります。

どちらを使用しても構いませんが、最低でも以下をクリアしているテーマを使用することをお勧めします。

  1. レスポンシブ(モバイル)対応がされていること。
  2. 日本のサイトでの使用事例が多いこと。
  3. サポート体制がしっかりしていること、もしくは質問できる人がいること。
  4. 機能が充実しており、できればカスタマイズ(ソースコードの改変)を行わなくてもよいこと。

4.については別途詳しく(こればっかりですね、スミマセン)説明させて頂きますね。ある程度のカスタマイズは避けられないことがありますが、それでもできる限り「ソースコードの改変」はしないのが、ぽちぞう流です。

WordPressの活用としてはまだまだ「さわり」部分にすぎませんが、これでももう

  • 記事を追加して
  • Adsenseを貼りつけて
  • 収入を得ること

は可能なんです。ネタ次第ではありますが、記事数は30もあれば「アフィリエイトブログ」として機能し始めます。

ぜひ、今晩、今週末を使用してチャレンジしてみてください。

失うものは殆どありません(わずかな投資のみです)、その一歩を踏み出せば、あなたも「兼業・副業アフィリエイター」です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です